海外で一番人気の日本人YouTuberは木下ゆうか!ヒカキンよりも有名で人気ある?






ユーチューバーといえばヒカキン

最近はYouTubeだけでなくテレビにも出演していますよね。

ただ、ヒカキンは忙しいせいかYouTubeへの

動画のアップの頻度は減って来ています。

また、内容についても批判が増えて来ていて、

「金持ち自慢動画」「宣伝動画ばっかり」

とファン離れが起きています。

最近ワタナベマホトも移籍したUUUM

ウームでは、海外展開を強化しているようです。

そんな中、海外で人気のユーチューバーがいます。

それが木下ゆうか

木下ゆうかといえば最近は猫虐待動画が話題になり、

炎上しています。

最低!木下ゆうか、猫を投げ捨て動物虐待!批判殺到し炎上!

しかしそれでも海外には人気があるようです。

木下ゆうかのチャンネル登録者数は495万人と

500万人目前になっています。

木下ゆうかが海外で人気なのは、わかりやすい大食い動画。

また、海外の食品をよく動画で紹介していることで海外の視聴者が

見るようになっているようです。

さらに韓国の人気ユーチューバーのマンガニョとの

コラボでも一気に知名度をあげました。

木下ゆうかは海外への進出も積極的に行なっていて、

字幕を英語などで公開をしたり、

中国のWeibo(ウェイボー)を開設したり、

動画アプリの秒拍(ミャウパイ)でも活動をはじめました。

このように海外に向けた発信を積極的に行なっています。

ただ、木下ゆうかのファンは8割以上が海外といわれるほど、

日本では人気がなくアンチが多いユーチューバーです。

そういう意味で言えば、もう「日本は捨てて」海外に向けた情報発信を

精力的に行うことも正しい判断なのかもしれません。



 








関連コンテンツ



新着

YouTubeは誰でも簡単に稼げます!



あなたにオススメ