へきトラハウス「ブス判定動画」炎上でも支持するファンたち






へきトラハウスが大炎上していますね!

へきトラハウスはチャンネル登録者が145万になっている大人気のYouTuberです。

へきトラは過激な動画をアップしていますが、今回炎上しているのが「第2回 振り返りブスババ抜きゲーム!!!」という動画。

後ろ姿をみて、その女性が美人かブスかを判断するという動画です。

女性に声をかけて、一方的に「美人」「ギリ美人」「ブス」などと評価をしていました。

ブス判定になった場合は「あ、大丈夫で・・・」とコメントし、その動画のコメント欄には批判が多く投稿されていました。

そんな批判的なコメントがたくさん投稿され、へきトラハウスは

「討論している平和ボケしたブスは今すぐブラウザバックして『オオカミくんには騙されない』でも観てブスという現実から出来るだけ長い時間目を背けていてください。」

と挑発コメントを投稿。

さらに炎上することになりました。

この炎上は、めざましテレビでも報道されて、さらに炎上することになりました。

その後、へきトラハウスは動画を削除。

そして次にアップした動画がこれです。

「ブスがブスにブスって言ってなにが悪い」

その動画の説明欄には、

普段の外ロケでのインタビューや絡み撮影の際にはお声がけした方には企画の内容を説明した上で合意をしていただけたら動画に顔出し出演していただく流れなのですが、今回の「ブスババ抜きゲーム」の撮影時にはロケハン時に声をかけてくださったファンの中から出演していただく方を選んで企画の内容を説明し出演の可否を確認して了承を得た方を対象に撮影をしました。 しかし可否を確認せずに撮影をした方が居た事も事実です。 その方とは事務所を介さず直接連絡を取っており直接お会いして謝罪をしたいという旨を伝えており、合意を得ております。 配慮が欠けていたことは自覚し反省しております。 今後はこのような事が起きないように注意し より多くの視聴者の皆様が楽しんでいただける動画を作れるよう尽力していきます。

と書かれています。

そして、

また、朝はZIP派です。

というネタも書かれています。笑



しかし、ここまで炎上することなのか?という議論も起きています。

テレビでも、芸人が女性に声をかけて「あ、大丈夫です」と言って「あんまり可愛くない」ということもあります。

テレビでは何かと問題になりますが、ユーチューブの動画でここまで炎上するのはなぜでしょう。

またへきトラハウスはこのネタは2回目です。

1回目の動画はこちら。

「第1回 振り返りブスババ抜きゲーム!!!」

いろいろと批判されていますが、このような批判があるとYouTuberも大人しくなります。

徐々に過激なYouTuberが減ってきているのも事実。

例えば、ラファエル禁断ボーイズなども過激な動画を出していましたが、最近はあまり過激な動画をだしていません。

「だんだんテレビ化してきている」

と言われているユーチューブ。

賛否両論はまだまだ続きそうですね。








関連コンテンツ



新着

YouTubeは誰でも簡単に稼げます!



あなたにオススメ