はじめしゃちょーのアプリ課金の合計が驚愕!マネできない!






はじめしゃちょーは動画でよくアプリゲームをレビューしていますが、動画でそのアプリ課金の金額を公開していました。

その詳細をご紹介しましょう。

はっきり言って「異常」です。

 

はじめしゃちょーのアプリ課金合計

2013年 0円

2014年 7,800円

2015年 277,380円

この時点でもう「普通」ではないですよね。。。

2016年 657,750円

ここまで来ると一般の人では到底真似できない金額になっています。

2017年 1,127,150円

はい、100万円を超えました。

そして2018年は、

2018年 2,192,890円

これ、もうフリーターの年収ですよ。

はじめしゃちょーはガチャで「欲しいキャラが出るまで回す」ということをしているようです。

つまり欲しいキャラが出るまで回そうと思ったらこれくらい課金しないといけないということですね。

アプリ課金、どうなんだろう・・・。

【????万円】はじめしゃちょーのアプリ課金額の合計がヤバ過ぎる。



アプリ課金は経費になっている?

ここで気になることがあります。

以前動画ではじめしゃちょーは自分で会社を経営していると言っています。

そしてそこで役員報酬(給料)は50万円になっているというようなことを言っていました。

つまり年収にすると600万円です。

しかし、この年収でアプリ課金を個人で払っているとは考えられません。

つまり。

このアプリ課金は「会社の経費」になっているのではないでしょうか。

ゲームの課金が経費になるのか?という疑問もありますが、実際にはじめしゃちょーはYouTubeでゲームを公開しています。

つまり「仕事の一環」と言えばそうなるでしょう。

ということでほぼ間違いなく会社の経費でアプリを課金しています。

はじめしゃちょーの会社は年間10億円近く稼いでいるようなのでなんてことないですね。

そりゃ「欲しいキャラが出るまで回す」なんてこも簡単にできますよ。

ユーチューバーは動画にすれば経費にできないものはないようです。

ちょっと中学生や高校生からすればよくわからないかも知れませんが、お父さんがアプリの課金を会社のお金でいくらでもできるという風に思ってくれたらわかりやすいかな。

そんなはじめしゃちょーに贈る歌があります。

それではどうぞ。








関連コンテンツ



新着

YouTubeは誰でも簡単に稼げます!



あなたにオススメ